日テレドリル

「日テレドリル」は「みんなのドラマ」を手軽に活用いただけるようにパッケージ化したアクティブラーニング教材です。

中学・高校等で活用いただける、生徒が主体となって行うグループワークのプログラムで、リアリティ溢れるさまざまなドラマストーリーの中で提示される課題に対して仲間と共に協働して対応策を打ち出すことを体験します。

 

みんなのドラマの特徴

  • ■前野隆司教授の監修のもと学術的な研究成果をもとに設計しています。
  • ■大学入試における新評価基準に必要な力を養います。
  • ■先生方の負担が少ない形で手軽に導入できます。

 

 

学力三要素と大学入試における新評価基準

約30年ぶりに改革が行われる大学入試。文部科学省は新しい大学入試で「学力の三要素」を多面的・総合的に評価することをめざしています。「学力の三要素」とは、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」のことです。

 

 

みんなのドラマを活用して「日テレドリル」で学べること

「日テレドリル」では、リアリティ溢れるさまざまなドラマストーリーの中で提示される課題に対して仲間と共に協働して対応策を打ち出す一連の流れを体験します。このような疑似体験を繰り返していくことで、自然と「思考力・判断力・表現力」や「主体性・多様性・協働性」が育まれます。

 

 

 

お問い合わせ

  • 学校名 [必須]
  • ご担当者様 氏名[必須]
  • 部署・役職
  • メールアドレス [必須]
  • 電話番号(半角英数) [必須]
  • お問い合わせ内容 [必須]